ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲノゴガヨボボ

 こちらの地元の言葉はグノーという言葉で、フランス語とは全然違う。でも、意外にこのグノーが、地元では浸透していて、地元の人同志ではグノーで話していることも多い。そこで、ちょっとずつ、グノーを覚え始めている。
 オバホヨガ!=こんにちは
 ゲノゴガギエネ=おはよう
 ゲノゴガヨボボ=こんばんは
 ベヤガ=ありがとう
 ネンベリ=また明日ね
 ゲンダ?=元気?
ゲノゴガヨボボ とか、なんだそりゃ?って発音なんだけど、このグノーを一言でもしゃべると、全然地元の人の受けが違うのだ。ひとつ市をまたぐとすでに全然違う言葉になるので、ホント地域限定なんだけど、頑張って覚えたいなあ。(ちなみに、このようにカメルーンには200以上の言語がある。そのせいで返って共通語としてフランス語が普及したんだそうだ。)
スポンサーサイト
  1. 2008/08/14(木) 22:20:21|
  2. カメルーン生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大雨季 | ホーム | 仕事の話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://playingamongstars.blog114.fc2.com/tb.php/94-59e7cdc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。