ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ありがとう

 停電3日目。昨晩少し発電機が回ったので、その時に水が汲み上げられたのだが、午前中にはその水も無くなってしまった。荷作りする前に、色々きれいに洗濯したいのに。
 午後はGIC-Kへ最後の訪問。鶏は44日目で、もうすぐ売れる状態の筈なのに、行ってみるとまだ小さい。「買った餌の質が悪いのよ!」とGICのリーダーは決めつけているが、そうだろうか。餌は今まで何袋あげたの? と訊くと、3袋と少し。と言う。「餌のやり方が少ないよ!普通は45日間で6袋の餌を消費するって聞いているよ。もっと餌をやらないと大きくならないよ」と言うと、分かった、と納得した様子だった。どうやら、餌代を気にして、餌のやり方をセーブしていたらしい。
 餌は十分やっても、ちゃんと利益があるから!と表を作って説明すると、納得した様子。まだ2回目で、前回の利益で全てが賄えない為に今は苦しいのだけど、次からはもう利益がちゃんと出てくる筈。「養鶏を続けていってね」と言うと、「もちろんよ!」と彼女達は請け合った。「養鶏のノウハウは、もう私達の財産だもの。あなたは、私達に大きなプレゼントをくれた。本当にありがとう」とリーダーが何度も何度も繰り返し言ってくれた。このGICは本当にやる気があるし、彼女達の言葉には嘘が無いので、付き合っていて気持ちがよかった。彼女達と一緒に活動が出来て本当に良かったと思う。私こそ、こんな色々模索しながらの活動に一緒に付き合ってくれてありがとう。
最後にみんなでビールを飲んで、別れを惜しんだ。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/10(木) 22:48:09|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。