ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

28年

 先日元サッカー選手の北澤がカメルーンに来て取材して行った模様が、今日、ニュースゼロで放映される予定だったのに、首相交替のニュースで延期になったんだって。私がカメルーンにいる2年の間に、何度首相が変わった事だろう。カメルーンなんて、28年ずーっと同じ人が大統領なのに(それも問題だけど)。

 さて、今日はボゴンドという村のGICに、養鶏の概要を説明に行って来た。養鶏をしたいというグループはとても多いのだけど、みんな、具体的にどうしたら良いのか、お金はいくらくらいかかるのか、と言う事を知らない。だから実際に一緒に養鶏をしなくても、「養鶏って大体こんなものだよ」という話をするだけで、前よりも具体的にイメージが出来てくるから良いと思う。養鶏を始めた時には、こういう講義ができるとは予想していなかったけど、良い副産物だ。
 夜、子供達がプルーンを持って来てくれた。プルーンと呼ばれてはいるけれども、あのフルーツのプルーンではなくて、もっとネットリした木の実。サフーとも呼ばれていて、焼いて食べるのが一般的。プルーンの季節には、どこに行っても山のようにプルーンが売っているし、みんなも好んで良く食べる。もう、そんな季節になったなぁ。
プルーン
スポンサーサイト
  1. 2010/06/03(木) 22:56:50|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。