ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワクチン投与

 今日は鶏にワクチンを与える日。ワクチンは、小瓶1つで1000羽分となり、100羽分だけ、と買う事は出来ないし、冷蔵庫で温度管理する必要がある。だから、各GICがそれぞれワクチンを買って管理するのは高くつくし、難しくもある。前回は、私がワクチンを買って2つのGIC共同でワクチン投与を行ったけど、今回は今後の事も考えてやり方を変更。ヒヨコを買った店で、毎週金曜日にワクチンを水に溶かし、その店でヒヨコを買ったグループに分けると言う事をしているので、それに乗っかる事にした。そうすればワクチン代金を、その時にワクチン投与するグループの数で割る事が出来て割安なのだ。温度管理も必要ないし。ただし、ワクチンは、水に溶かしてから2時間しか有効ではないので、水に溶かしてすぐに持ち帰り、ヒヨコに与えなければならない。(注射ではなく、ワクチンを溶かした水を飲ませる。)時間との戦いだ。
 私が関与する2つのGICが両方今日ワクチン投与をする事になったので、一つのグループが代表でバイクタクシーでバフィアに行き、ワクチン水を2本持って帰ってきて、幹線道路途中で待っているもう一つのGICに1本渡す。交通費は、2つのGICで割る、という方法を取った。
 嬉しかったのは、2つのGICともに、キチンと時間を守って打ち合わせ通りに持ち場で待っていた事だ。ここが外せないポイントだ、と分かっているからだろう。エライぞ!
スポンサーサイト
  1. 2010/05/07(金) 23:07:29|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。