ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

帽子も頑張ってる

 カメルーン人は、日本人から見て、ビックリするほど物の管理が出来ていない事も結構ある。でも一方で、こだわりがあるものもある。その一つは、靴。ピカピカにしておくのがステイタスらしく、私のスニーカーが土埃にまみれているのを見ては、「洗わないと!」と注意してくる。それで、私も日本にいる時の5倍以上は頻繁にスニーカーを洗っている。(っていうか、日本でスニーカーを履いていても滅多に埃まみれになったりしないけど、こちらでは一回履いただけで埃まみれになるから、自然と洗う回数も増える。)でもね~、土埃まみれになるのは、しょうがないよ。最近気がついたんだけど、洗えば洗う程、スニーカーの布が痛むんだよね、当然のことながら。

 痛むと言えば、帽子。私は外出する時には帽子を欠かさないのだけど、日本からもってきた新品の帽子、今ではボロボロと言っても過言ではない。汗をかいたから、と何度か石鹸で洗う内に、布に施してあった加工(ろうそくっぽい加工?)がすっかり取れてしまい、へたってしまったので、クチュリエ(洋服縫製屋さん)にお願いして別の布を裏につけてもらった。でも、さらに、今では、てっぺんの布も破れて来て、その穴も日に日に大きくなっている。日光に晒されて布が弱っちゃったんだな~。あと3カ月ほど、この帽子をもたせたいんだけど…。今となっては、どんなにボロボロでも、愛着があって手放せないのだ。
帽子
スポンサーサイト
  1. 2010/03/23(火) 22:19:22|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。