ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画4本

今日は一日所外活動のため、語学も講義も無し!
天気が良い中、地元の農家さんで1日過ごした。
ボランティアをしに行った筈なのに、ボランティアをされてしまった感がある位、素晴らしかった農家さんのホスピタリティー。とても気持ちが癒された。ここのところしばらく感じていたストレス(集団生活だから、どうしてもね)が、どこかに飛んで行きました。見習わなくてはね。

サテ。
この訓練所に来て何本かの映画を見たので、そのことについて少し。

訓練所では、隊員候補生自身が自主講座として、自分が伝えられるものを他の候補生に教えるということができ、映画(DVD)の上映もそのひとつ。
その機会に私が見た映画が下の二つです。

・「ダーウィンの悪夢」:タンザニアのヴィクトリア湖畔にある町をドキュメンタリータッチで描いたもの。ヴィクトリア湖に放たれたナイルパーチという魚によって起こった負の連鎖。タンザニアの人々の暮らしの様子が生々しくわかった。
・「ツバル」:NPO「宇宙船地球号」が作った、こちらもドキュメンタリー。ツバルの子供達に「あなたの一番大切なものは何ですか?」という題で、絵を描いてもらう。その絵に描かれたものから、ツバルが抱えている問題点が浮かび上がってくる。
この子供に絵を描いてもらうのは、「お絵かきプロジェクト」として実は私達にも参加可能。カメルーンに行く候補生同士で、やろうやろう、と盛り上がった。

二つとも、決して面白おかしい映画ではない。私も正直、日々の訓練で疲れていたりして、自主講座の映画はいいやって思ってしまいがち。娯楽映画じゃないから、見るのにエネルギー要るしね。ただ、この二つは、語学クラスが一緒の候補生が上映会企画に関わっていたもの。私が映画を見たのは「友達が頑張ってるから、見てみようか」と思ったから。でも、結果「見て良かった!」と思う。
「自分ひとりで完結しないで、人とつながってる」って、こういうことだな~。
私は、ここで知り合った友達から、色々なエネルギーをもらったり、自分をもうひとつ高い所に引き上げてもらっている感じがする。自分は、人に何かを与えられているだろうかな。

長くなって申し訳ないけど、まだあと2つ映画を見たのでそれについても。
それは、語学講師(マダムS!)が私達に宿題として見させたもの。
・CHOCOLAT( 1988)・・・独立直前のカメルーンが舞台の映画
・LUMUMBA(2000)・・・コンゴ民主共和国の独立と 最初の首相「パトリス・ルムンバ」についての映画
こっちもね~、見てて決して面白い映画ではないのよ。
ただ、見る前と見た後では、確実に自分のアフリカに関する理解度が上がっていると思う。知識として勉強するよりも、映画を見たほうが、生々しく、アフリカの人達がどういう風に感じているのかがわかるから。
しかも、マダムSは、LUMUMBAを見る前日に、「1884年~85年のベルリン会議について調べ、調べた内容をフランス語で要約しなさい」という宿題を出していた。
ベルリン会議というのは、ヨーロッパ列強がアフリカを植民地化するためのルールを作った会議で、この会議の結果、アフリカの植民地化が急速に進んだのだ。現在アフリカが抱えている様々な問題(内紛とか内紛による飢饉とか)の原点がここにあると言っても良い。
うーん、流石マダムS。この宿題で得た知識があるから、LUMUMBAがより理解できた。宿題の出し方も、とても良く考えられてる。脱帽です。

あー、もうこんな時間だ。
所外活動の報告書、まだ書いてない!
スポンサーサイト
  1. 2008/05/15(木) 23:45:56|
  2. 派遣前訓練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<増加しているもの | ホーム | わが師 マダムS>>

コメント

書きこんじゃいました。おもしろいブログですね♪更新楽しみにしてます。またちょくちょくみにきまーす♪
  1. 2008/05/20(火) 23:59:31 |
  2. URL |
  3. 新川すぐる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://playingamongstars.blog114.fc2.com/tb.php/61-b0e30234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。