ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「来る」は「来ない」?

 母屋の元大臣の所に来ていたジャーナリストだというムッシューからボランティア活動について取材したいと言われたので、予定を組んだ。今日がその取材予定の日。しかし、朝イチ電話がかかってきて、「今日は問題が発生したので来れません」だって。ま、そんなものだよね。電話があるだけ良いか。
 しかし、今日はそれだけにとどまらなかった。CEACのYに、「月曜にGIC-Kで養鶏講座とカマドの講習会をするから、協力してくれない?」と声をかけてあったの。朝、もう一度「来る?」と電話したら、「行く行く、バイクをちょっと修理しなくちゃいけないんだけど、それが終わったら行くから!」とのこと。案の定、結局来なかった。
 そして極めつけは、養鶏講座の講師であるムッシュL。朝10時ね、と2日前に念押しの電話をしておいたにも関わらず、時間になっても現れない。GICのメンバーは、「エライ人が講師で来てくれる」と、張り切って料理までしているのに。彼に電話すると、「問題があって、今バフィア!終わったら行くよ」だって。あり得ない!どんな問題なの一体!なんでバフィアに行く前に電話くれないの!(心の声)…「でも、ムッシュー、みんなあなたを待っているんですよ!何時に来られるんですか?!」と叫び返したところで、ブチっと電話を切られてしまった。クソ~、やられた!
 それでも、今日は幸い、養鶏とカマドの二本立てのスケジュールだった。Lが来るまで(来るかどうかわからないけど)カマドでも作っているか。。結局カマドも、Yとやるつもりだったけど、一人でやるしかない。ま、何とかなるよ…。こんな事が多いので、対処もすっかり慣れた感があるなぁ。
 女性達と一緒に、土を水と混ぜて練っていると、Lの下で働いている(?そのあたり上下関係が今一つわからない)ムッシュMがやってきた。どうやら、私の電話を受けたLから、「今からすぐ行け!」と突然言われて来たらしい。ま、何はともあれ、養鶏講座が出来るので良かった。
 養鶏講座の内容は、ほぼ先日のGIC-AFと同じ。でも、こちらのGIC-Kのメンバーからは、実際どんな事をすればよいのかと、実践を前提にした細かな質問が結構出て来たので、「オ、ちゃんとやる気だな」と思って頼もしかった。
 養鶏講座が終わり、お昼御飯が振る舞われた後で、カマドの続き。結局一日がかりになったけれども、何とか無事に終わって良かった。帰宅後、水浴びして速攻寝た。あ~、疲れた。

↓カマド作っているところ
100118 カマネマガ カマド

スポンサーサイト
  1. 2010/01/18(月) 22:50:05|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。