ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマス@カメルーン

 クリスマスのプレゼントにと、近所の子供達、一人一人に駄菓子をセットにして包装しておいたの。今朝、前の家と裏の家に持って行ったら、大したものじゃないのに、子供達が超喜んでくれて、私も嬉しかった。子供達は皆新しく買ってもらった服で盛装して、これからクリスマスのミサに行くんだって。
 私は、MFの家へ。
 ほぼ1年前の、2009年1月。新年に、「今年の決意は何?」とMFに聞いたところ、彼女は、「今旦那と一緒に新しく家を建てているの。年末までに家をちゃんと建てて、あなたを招待するわね」と言っていたのだった。1年越しの約束。新しい家はどんな家かな?と、訪問をとても楽しみにしていたのだった。
 新居では、既にほろ酔い気分の旦那様が迎えてくれた。(彼は小学校の英語の先生。)子供達(3人の子供と1人の姪っ子)は、やはりミサに出かけたとか。
 新居は、大きくはないけれども綺麗にセメントで塗られていて、居心地がよさそうだった。窓に、グリアージュ(泥棒よけの鉄格子)に、蚊よけの網が張られていたのを発見して、嬉しくなった。カメルーン人の家には、結構立派な家でも、網戸は張られていない。それだけ蚊に無頓着なのかもしれない。けど、私はMFに、「網戸は結構いいよ~、蚊帳は寝る時だけだけど、網戸なら、家にいる間中有効だからね」と常々薦めていたのだった。それ、実行していてくれてたんだ!
 到着後、早速MFと御馳走の準備。MFと料理は散々家でしているから、二人の連携も慣れたものだ。今日のメニューは、豚の煮物・鶏のトマトソース・焼き魚。つけあわせとして、イニヤム(里イモのようなもの)・米・食用バナナの茹でたの・マカロニ。以上。結構豪華だよ。
 子供達は13時頃ミサから帰って来た。みんなで料理し、その内に親戚なども集まってきて15時位から、食事開始。料理をしていたMFも、エキゾチックな真っ赤なハレの衣装に着替えての晩餐だ。旦那様のお母さん、お祖母さんなど、集まった人達はどの人も親しい親戚の人達で、その中に私も混ぜてもらえてちょっと恐縮。短いお祈りの後、みんなでお腹いっぱい食べた。食事の後は、写真撮影。いつもは町の写真屋さんにみんなで撮りにいくのだそうだが、今日は私がカメラを持っていたので、それでバシバシ写真を撮った。

↓友人MF夫婦
091225 mafo

 いい、クリスマスだった。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/25(金) 22:30:47|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。