ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

農産物回収の話

 インターネットをしにCyberに行くと、顔見知りのムッシューEBがいた。ムッシュEBは、町の中心に近い所でレストランを開いているのだが、その傍ら自分で研究して畑用の液肥を作ったりしている人なのだ。以前偶然知り合ったのだが、その時には畑の肥沃化について話が弾んだ。
 「今なにしてるの?」と訊いてみると、「アメリカのプロジェクトなんだけど、農産物を車で回収してそれを海外に売るという事をするんだ」という。おお、それは凄い。というのも、オンベサ郡の田舎の方では、収穫した作物を市場に出すだけで本当に一苦労してしまうからだ。移動に労力もお金もかかるし、又買い付けに来る人達も、交通費がかかるから安くしか買わない。農協のような協同体を作り、農産物を回収してそれを流通ルートに流す事が出来れば、それが一番良いんだけど、とは常々思っていた事。例え少し安くても、車で畑まで来て作物を買ってくれれば、助かる農家は多いと思う。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/08(火) 22:54:42|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。