ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理論武装

協力隊に参加するにあたり、
「理論武装することが必要だ」
と、補完研修で先生方はおっしゃった。

理論武装=何故協力隊なのか?協力隊に参加することに意味はあるのか?
という質問に、キチンと答えられるようにするということだろう。

私は、自分でずいぶん前からその必要性を感じていた。
自分自身で、自分にとって、何故・何のために参加するのかを整理する必要性をね。
モチロン、応募する時にも、2次面接でも、応募動機は散々書いたり言ったりしたんだけど、
それは、ホラ、人に納得してもらいやすいように(嘘をつくわけではないが)整理するじゃない?
しかし、実際の応募動機というのは、これまでのちょっとした経験やら思いの積み重ねがあり、あれもこれもそれも考えるとやっぱりやってみたい、という全体としてモヤモヤとしているのが実情。

サテ、ここで原点に戻って、整理してみよう。(今さら原点に帰りすぎかも。笑)

〔動機〕
① 中学・高校時代より海外に憧れがあり、青年海外協力隊などの報道を見て、そういう仕事をしたい!という夢があった。
(→しかし、大学で「語学」という道を選んでしまい、専門が無いという現実のために、自分でそれをあきらめてしまった。)

② 会社員として長く仕事をしている中で、自分に対する行き詰まりのようなものを感じていた。自分の頭や感情の働きが、一定の方向にしか働かず、頑なになっていくと感じ、このままでは、自分は良くない方向に行くのではないか、と思った。また現在の仕事を生涯の仕事と感じることは出来なかった。

③ 2006年秋より、顔の肌が、ものすごく荒れてしまい、一頃は人に会うのも恥ずかしいほどになってしまった。
 原因は、よくわからない。マクロビオティックを実践するなど、食生活を徹底的に改善し、肌は良くなったものの、②で書いたような事が、表面に現れてきたのではないか、と自分には思われた。独身で、子供がいるわけでもないので、もっと自由に人生というものを考えても良いのではないか。本当に自分がしたいことはどういうことなのか、を考えるようになった。

④ 自分に出来ること・興味があることを整理していく中で、「協力隊」という選択肢を見つけた。

ウーン、簡単に言うと、こういうことかな。
要するに、私の参加動機は、かなりの部分が「自分の為」という事なのです。
人の為になることをしたい・人の役にたちたい という想いも無いわけではないが、それも、「そういうことをすれば、もっと自分に自信が持て、自分を好きになることができるから」、なのです。
もしかしたら、良い動機ではないかもしれないけれど、私は、それでも良いと思う。
誰かの為 ではなくて、自分の為と思っていた方が、誰かに責任を押し付けたりせず、頑張れると思う。

〔何故、協力隊なのか〕
国際協力という分野で何かをするなら、まずは現場に一番近いところに入るというのは、良いと思った。
現場に入るにも、NGOなどという方法もあるが、協力隊だと、制度が整っている。金銭的な面や、健康管理などのバックアップ体制もある。研修・訓練もある。(この訓練は、正直、かなり魅力的だ!語学が趣味な私にとって♪)

が、もっと根本的な疑問が呈される事があるだろう。

☆開発って、したほうがいいの?しないほうが良い事もあるんじゃない?
→ 開発 と言っても、一概に経済的な発展という意味ではない。木を切り倒して工場を作ることが開発ではない。人々の暮らしを良くする事が開発。

☆何故、海外なの?海外の人が来て、現地の人はどう思うの?
→ 私は個人的に、海外の文化などに興味があるので、海外に行ってみたいと思う。
確かに、現地の人はどう思うだろう、と考えなくもない。ただ、そこで暮らしていると見えないが、よその視点からだと、見えるものがあると思う。また、外国人だから出来る!という事も沢山ある。(例えば現地の村人が連絡を取り難い、行政の偉い人に掛け合うことが出来る・現地マスコミから注目されるので、マスコミを利用することも出来る 等。)外国人がそこにいることにより、現地の権力者が弱者に無謀な事が出来ないという事もあるだろう。
日本に置き換えて考えても、外国人が頑張って日本語しゃべって、着物なんか着たりしていると、なんで日本で?と思いながらも、私は結構嬉しい。日本の良さを見直したりする。そんな外国人みたいになればいいんじゃないかな。

☆なんで、ボランティアなの?
それは、私に、お金を取って何かができるほどのスキルが無いからだ。
ただ、スキルが高くなくても、日常の知恵レベルや意欲の持ちようで、変えられる事は沢山ある。
私は、会社で仕事をしていても、仕事ができる=能力がある・頭が良い ということではないなぁ、と感じていた。人とコミュニケーションができて、やる気がある事が一番大切。能力は、あるに越したことは無いけど、能力があってもコミュニケーションができなくてやる気が無ければどうしようもない。それと同じ。
あと、ボランティアだから、ある意味、自由。色々なことが出来る、というのはあると思う。

以上、
長々とした稚拙な文章、ここまで読んでくださった方がいたら、どうもありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2008/04/04(金) 10:59:52|
  2. 協力隊 準備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新装開店 | ホーム | 「コンビニ弁当」と「クリスマスプレゼント」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://playingamongstars.blog114.fc2.com/tb.php/51-cc3c91c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。