ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「コンビニ弁当」と「クリスマスプレゼント」

開発など全く勉強したことがない私。
青年海外協力隊に応募した時点でも、「国際協力・援助は、良い事だから。困っている途上国の人達に良いことをしてあげよう」という気持ちが、恥ずかしながら、どこかにあった。
協力隊に参加する と言うと、それを聞いた人の反応も大体そんな感じ。人のために、エライね~って。

でも、研修を受けたり色々な本を読んだりしていく内に、だんだん、「それじゃダメなんだな」ってわかってきた。
「人に何かをしてあげに行く」というよりも、「色々教えてもらいに行く」と思っていたほうが良さそう。色々教えてもらって、その社会に溶け込ませてもらって、そこで始めて自分の仕事をさせてもらえる、っていう感じかな。
モチロン最終的には、その地域の役にたつ成果が出せれば嬉しいんだけれども。

この間書いた「コンビニ弁当論」。
 JICA技術顧問 結城先生曰く
  お弁当を食べる人(援助を受ける人)から言わせれば、美味しければ何でもよいんだよ。ボランティアする人が、頑張って手作り弁当を作ったとしても、「この手作り弁当、作るの大変だった!」とか言う能書きだとかを聞かされるくらいなら、コンビニ弁当をもらった方がマシ。
 でも、ボランティアだから、現実的に、苦労も限界もある。
だから、「コンビニ弁当論」の次元を超えて、「クリスマスプレゼント論」へ!

 「クリスマスプレゼント論」:
 クリスマスプレゼントは、誰にもらっても良いというものではない。好意を持っていない人からもらっても嬉しくない。好きな彼からもらってこそ、嬉しい。
 →あの人からしてもらったから嬉しい という援助を!

すごい理論だよ、先生。でも、ナルホドって思う。
そんな人間関係を作ることが必要だって事だね。
多分、すごく難しい。私に、できるだろうか。。

もうひとつ。
「『物語』から切り離されたものが、『物語』の渦巻く中で、『新たな物語』を作り上げていく」
のが、『協力隊』だということ。
物語というのは、人と人とのつながりやその人のバックグラウンド。
私達は、これまでの肩書きも学歴も人間関係も関係のない一人の人間として、現地に行く。そこでは、今まで経験した以上に、濃密な人間関係や社会がある。その中で、物語を持たない自分こそが新しい物語を展開していくことが出来る。

うーん。そう、信じて頑張りましょう。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 23:23:02|
  2. 協力隊 準備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<理論武装 | ホーム | 農家体験(WWOOF)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://playingamongstars.blog114.fc2.com/tb.php/50-e2ac6550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。