ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

換金作物

裏の一家がカカオの実を割る作業をしていると聞いたので、見物がてらちょっと手伝いに行ってきた。カカオは、殻を割り、中の種(白くてぬるぬるしたものにおおわれている)を取りだしてそこを使うのだ。取りだした種は、何かで覆って数日間発酵させ、その後天日干ししてから出荷となる。
 前日に収穫したというカカオの実は山のように積まれていて、小学生の子供からお母さんまで、一家総出で作業していた。
091101 cacao割り

 カカオは換金作物で、1kg当たり(時により相場は変動するのだが)700F.CFA程で買い取られる。確実にお金になるから、彼らにとってカカオの実とはお金に等しい。作業中に私が、「このカカオの実、ちょっと腐りかけてるけど、どうする?」と訊くと、構わないからそのまま普通に取りだして。と言う。一粒も無駄にしない、という姿勢だ。毎年、収穫したカカオの実を、干している間に泥棒に盗まれるという事件があるらしいが、成程。換金作物の力を見た気がする。

 最近、天気が今一つ。雨やら雷やら夜間にこれでもか、という位に吹き荒れる。それでも日中、日が差すと暑いのは、乾季が迫っているせいだろう。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/01(日) 22:45:33|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。