ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マーマレードづくり

 今は柑橘類の季節だと、前にちらりと書いたっけ?市場に行くと、マンダリン(日本のミカンに似てる)とか、グレープフルーツとか、文字通り山のように売っている。
 今度はグレープフルーツでマーマレードを作ってみようと思いたった。こちらでは当然農薬とかは撒いたりしないので、皮を使うのにも全然抵抗が無い。近所の道沿いに無人で売っているグレープフルーツを買ってきて、自己流だけどマーマレード作りに挑戦。皮の内側の白い部分は苦味が出るそうなので出来るだけ取り除く。皮は苦味を取るために3回ほど茹でこぼす。実に甘みが少ないので、砂糖はちょっと多めに…。
 出来上がったマーマレードは、少しピリッと舌にくる苦味が残ってしまったけれども、私は苦味が少しある位のものが好きなので、結構満足。熱湯消毒した瓶に詰めた。
 丁度ヤウンデから来ていたN(私が一番最初に任地に来た時に面倒を見てくれた女の子)が、「何作ってたの?味見せて」というので、一口持って行った所、「エ~ッ、皮を食べるの?やっぱ、要らない。慣れてないから食べられない」と言われてしまった。隣にいたMFが「あんたが食べたいって言ったから持って来てくれたんじゃない、私は食べるわよ」と食べてくれた。そして、微妙な顔で「うーん、食べられるけど、ちょっとピリッとするね。風邪の時に良いかもね」とのコメント。マーマレードは、現地人相手には売れそうもない。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/26(土) 23:19:50|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。