ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水無し生活

 ポンプが直らないのでずっと水がない。旅に出かける前に、バケツに二つ、非常用水をためておいたのと、浄水器に一杯に水を入れておいたので、当面は賄えていたが、流石にそろそろ底をついて来た。実は、中庭に一つ浅い井戸があるのだが、本当に浅いので、泥で濁ったような水なのだ。トイレはそれを汲んで流すとしても、その水で体を洗ったり洗濯をしたりする気にはならない。(母屋の人は、それをしているし、最悪飲んだりもしているようだったが。) 今日は、朝から、「もう水ないよ~、(少し離れた深井戸に)汲みに行かないの~?」と母屋で働くPやAにアピール。いつでも汲みに行かれるようにバケツも用意した。丁度、母屋の元大臣の指示で、Aが車でBAFIA(隣町)に行くというので、それに便乗して車で深井戸へ。水を汲んで、帰りにまた車で拾ってもらった。
 深井戸までの距離は、1キロ弱だと思う。でも、水が一杯に入ったバケツを持って往復するのは私には辛い。それをしている周りの家の人達は本当にエライと思う。
 バケツが水で一杯になったので、ひとまずはホッとした。体も洗って、サッパリ。ただし、これでも、洗濯までは水が回らないし毎日体を洗えるほどの水ではない。毎日今日のように車を出してもらえればよいけど、そうとも行かないしねぇ。どうしたもんか。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/18(金) 22:15:31|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。