ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

別れは突然に

 朝、Jから突然電話があり、オンベサのバス会社まで来て、という。なんだなんだ、と出かけて行くと、旅行鞄を持ったJが待っていた。
 Jは、元々足に障害があるのだが、先日バイクから落ちて、それで足の状態が悪くなり、痛むらしい。それは前から聞いていたのだが、オンベサでの仕事もひと段落したので、ドゥアラ(カメルーンの商業の中心)の病院に行くことにしたのだそうだ。元々、もうすぐバメンダに帰ると言っていたのだが、足が痛むので、急遽ドゥアラの病院に行くことしたとの事。お別れは急にやってくる。じゃあ、又ね、とバスを見送った。

 先日買ったカスマンガで、ジャム作り。繊維があるので、一度網で濾す手間がかかったけど、果実がうまくトロトロに煮込まれて、まるでフルーツソースのようになった。これは、カメルーン人にウケルかどうかはわからないけど、日本人には受けそうだ。というか、私はこの出来に超満足。甘酸っぱくて、トロッとして美味しいよ~。ヨーグルトに入れたりしても良さそうよ~。

スポンサーサイト
  1. 2009/09/11(金) 22:33:54|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。