ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生魚の衝撃

 いつも仲良くしてる裏の家の子供達(と言っても主に中学生位の年の子供)は、家の手伝いやら何やらで、原爆展には来られなかった。それで、今日、自宅の居間で原爆に関するアニメを上映することにした。(プロジェクターをパソコンにつないで壁に映すという方法。)「見せて見せて~」とねだられて企画したのに、そこはやっぱり子供と言ってもカメルーン人。自分から時間に現れる事はない。こちらとしてはちょっと拍子抜け。ま、呼んだらすぐに来たけどね。
 アニメの評判はまずまず。子供向けに、本当に悲惨な所は少しぼやかしてあるけど、原爆被害がどういうものかがわかるようになっている良くできたストーリーなのだ。その後、「他に何かないの~?」という声に押されて、「日本料理紹介」のDVDを上映したら、「ゲッ、生の魚を食べるんだ~!!!」と、そっちに大騒ぎ。その前の原爆被害のことなんかより、衝撃的なようだった。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/09(日) 22:35:27|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。