ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱ、むずかしいわ。

 バリヤマという地域にあるGIC-Kへ。GIC-K はこれから新しく活動を始めて行くグループだ。これまでの失敗の経験とかを踏まえて、今日は、どんな事をメンバーに言うか、どういう風に進めようか、とか、あらかじめ色々シュミレーションをしていった。
 にも、かかわらず!いや~、色々うまくいかないものですね。やっぱり、思った方向に話が進まない。どんな活動をしようか、と話しあったのだが、「日本では、どんな作物を作っているの?」と訊かれたので、「お米を沢山作っているよ」というと、「じゃあ、お米を作ろう」と言う。「いや、気候も違うし、日本のお米をここで作るのは無理だから。もしどうしてもお米をしたいのなら、ここでできるお米を探して、ここにあった方法で作らないと」と言うのだが、「いいや、やればできる!」と、変なところで前向き。原則として、地元にあるものや技術を使ってやらないと、失敗する事が多い、と最初に説明したのに、そこから躓いている。
 例えば、これが日本語での議論だったとしても、やはり、難しかっただろうと思う。みんなが集まった時に、どんな雰囲気を作るか、議論をどんな方向に持っていくか、そういう巧みな話術と機転が求められるのだなぁ。私なんか、もしかしたら、むしろ言葉が稚拙だから、その分みんなが協力してくれて何とかなっているのかも。
 結局結論として、「お米とか大豆とかを作り始めるのは、最初としてはハードルが高いから、まずはカマドをみんなで作ってみよう」という事に落ち着いた。ま、結局、カマドなんだけどね。。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/23(木) 22:15:30|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。