ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうして、カマドなのか?

 先日、JICAのフィールド調整員から、「カマドについての記事があったから」と渡してくれた記事を、改めて読んでみた。そして、気がついた。
 そこに書いてあったことは…「カマドが普及すれば良いというものではない。日本の場合、なぜカマドが注目を浴びたかというと、カマドの改良をきっかけにして、生活を自分自身で改良していこうという気持ちが全国的に広まったからだ。カマドの改良がブームになったので、中には近所への見栄やお付き合いでカマドを改良したが、日常的には従来のカマドを使っていた家もある。しかし、それでは本来の目的とは違う。カマドをきっかけに他の改善活動にもつながっていくことが目的のはず。」という事だった。
 そうだ、自分は、カマドの普及という事ばかりが頭にあり、それをきっかけに意識の変化を促したりという事は一切していなかった。うーむ、全然だめじゃん。やっぱり活動を組み立てなおす必要があるのだなぁ。記事をコピーしてくれたフィールド調整員に感謝。
 
 昼に市場の横でカマドを使っている女性の所へ。彼女はなんと、カメルーン人ではなく、マリ人だった。マリでは、土で家の屋根まで全部作るので、土でいかに物を作るかという事を、マリ人は知り尽くしているのだ!土と水だけでカマドを作って、それを何年も使っているのだ。すご~い。今までは、粘土をメインにカマドを作っていたのだけど、粘土を探すのが結構ネックになっていたから、土でできるのなら、それにこしたことはない。彼女に講師をお願いしたいなぁ。とにかく、どうやって作っているのか知りたいので、今度私の家に来て、カマドを作ってくれないか、と頼んでみた。
090714かまど

 活動のダメダメな所が、最近次々とあらわになっているのだけれども、逆に、やらなくてはいけない事や、もっとこういう事も出来る、ということが見えてきて、ワタシとしては面白くなってきている感じ。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/16(木) 22:54:42|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。