ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チャングムがカメルーンにも

 今日も、朝からテレビ出演。今日は、テレビやラジオでの宣伝予定が何件も入っているので、みんなで手分けしての出演だ。私は他のメンバーと3人で、朝からの「Bonjour」という情報番組(目ざましテレビみたいなの)に出た。ちなみに、テレビに出る時には毎回一人のカメルーン人男性がついてきてくれる事になっている。彼は、日本に8年間の滞在歴があり、その間に勉強をしたり、在日本のカメルーン大使館で働いたりしていたので、日本を良く理解しているし、日本語もしゃべれる。今回、この原爆展に賛同して、全面協力してくれているのだ。フランス語の拙い私たちが話すより、彼に説明してもらった方がわかりやすいし、生放送番組で「すみません、わかりません。もう一度言ってください」を繰り返すわけにいかないからねえ。私たちは浴衣を着て、ニコニコと笑っていただけ。ただ、「カメルーンで好きな食べ物は何ですか?」という質問が飛んできた時に、「エ、エート、プランタン(食用バナナ)の揚げたのとか、ルコック(葉っぱとヤシの実のソース)とか、いろいろ」とか、答えてしまったのは、我ながらバカだった。揚げプランタンって、料理じゃないし…!

 夜は、ヤウンデのシニア隊員のお宅にお世話になった。シニア隊員のAさんは、日本で長年教員をされてきた方。旅行も大好きで、一人で世界のあちこちを旅行した事がある、穏やかで気さくなお母さん(お姉さんかも。) 青年海外協力隊(年齢制限40歳)より、シニア(40歳以上)の方が、スキルが必要だけど、その分待遇も良い。彼女のアパートは、ヤウンデでも便の良い地域にあり、室内も広くて気持ちが良いのだ。アパートから見る夜景なんて、サイコー!ここがどこだかわからなくなってしまう位だ。贅沢だなぁ。
 彼女のアパートにはテレビがある。そして、驚くべきことに、CRTVで夜、韓国ドラマ「チャングムの誓い」を放送していた!韓国語に、フランス語の字幕がついてる。恐るべし、韓国ドラマの魅力!アフリカにまで進出していたとは。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/29(月) 22:15:30|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。