ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原爆展準備@バレ

「原爆展」は、ポスターによる写真と説明が主だ。原爆投下前の街並み・原爆投下直後の様子、人々が体に受けた被害や、現在世界に存在する原子力爆弾などについて、わかるようになっている。でも、何を伝えたくて原爆展をやるのか、それが伝えられなくては、意味がない。Kはずいぶん前から、原爆展をなぜ実施したいと思ったのか、何を伝えたいのかを文章にしていた。私もそのフランス語訳づくりを手伝ったことで、より、原爆展をやる意味を理解できたと思う。しかし、実際のポスターを見るのは今日が初めてだった。
 高校生の時に、広島の原爆資料館に行ったりしたこともあったけど、それは遠い昔の話であまり覚えていない。目の前のポスターの写真は、記憶にあったものよりずっと生々しく、改めて衝撃を受けた。
 明後日からの開催に向けて、Kと一緒に壁にポスターを貼ろうとしたが、カメルーンで買ったガムテープの粘着力が弱くて、ポスターがすぐに剥がれてしまう。問題は、紙製の同じポスターをこれからもずっとカメルーン隊員の財産として使いまわしていく為に、「貼れれば何でもよい」というわけにはいかず、紙のポスターにできるだけ傷をつけずに貼らなくてはいけないということだ。む~。色々試行錯誤の末に、やり方を確立できたのは夜8時頃。なかなか、思わぬところで大変なことがある。オンベサで実施するのも、どうやってするか、色々考えておかなくてはな~。
バレ 原爆展チラシ





スポンサーサイト
  1. 2009/06/04(木) 22:03:49|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。