ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

覚悟

 少しだけ、重い気持ちでこれを書いている。

 10月に、静岡出身の青年海外協力隊員が、アフリカで亡くなったそうだ。私は、昨日それを人づてに聞いた。遠い地で倒れてしまった時には、どれだけ不安な気持ちだっただろうか。また、残されたご家族の気持ちを思うと、辛い。心からご冥福をお祈りする。

 応募する前から、当然そういうことが発生するリスクがゼロではないだろう、と考えていた。ただ、実際に身近に起こると、正直、気持ちが動揺する。どれだけの覚悟で、私は協力隊に参加しようとしているだろうか。勿論、最初から死ぬつもりでということは無いけれども、相当の覚悟が必要なことは確かだ。この事で、自分が参加を取りやめるということは絶対にない。けれども、もう一度自分の気持ちをキチンと整理してみようと思う。
 
 日本にいるからといって、安全で、健康でいられるという保障はない。幼馴染の一人は2年程前に突然亡くなってしまったし、中学時代に仲が良かった子も、数年前に可愛い女の子を残して病気で亡くなってしまった。高校時代の同級生の男の子も、交通事故で。
 最後を気にして何もしない人生は選びたくない。

ただ、リスクを減らす努力は絶対に必要だろう。自己管理。一言で言えばそういうことだろうと思う。
例えば、今、仕事が忙しくて毎晩遅い。休日も予定がギュウギュウ。それをうまく調整して、どこかで割り切って自分で休憩を取ることも必要だ。やりたいことや、やんなくちゃいけないことが山盛りだと、もどかしい事だけど。

それにしても、現地での活動の事やら、健康の事やら、帰国後の事やら。不安はイッパイ。それでちょっと今重い気持ち。

不安とか、心配とか、あるのは当然。
自分の事を、信じるしかないか。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/11(日) 23:07:10|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手のひら | ホーム | 大道芸ワールドカップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://playingamongstars.blog114.fc2.com/tb.php/35-3e74286d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。