ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイミングが重要

今朝見た夢。
 日本のどこかで一生懸命働いたのだが、その後偉い人に挨拶に行くのが遅れてしまったために、お給料をもらい損ねてしまったという夢だった。舞台は日本だったけど、エピソードは完全にカメルーンだ。笑える。
 カメルーンでは、こういうちょっと理不尽な所がたまに見受けられるように思う。例えばウチの大臣家。週末には、大臣の下で働いている人もごっそり来るから人口は一気に増える。でも、ご飯が一斉に取られると言う事はない。一応料理人が、大臣と客人用に料理を作る時に、家にいる人が食べられる分も一緒に作るんだけど、みんな、てんでバラバラに「おなか減った。何か食べるものある?」と来ては食べていく。しかし、ちょっとタイミングを逃してしまうと、「もう何もないよ」と言われて終わる。そりゃないよな~。人数を数えて、その分を確保しておくとか、「ご飯できたから今食べに来て!」と言うとかすれば良いのに。大臣家は、町の中心から結構離れているから、「食べ物ない」と言われても、他に食べられるところなんて無いんだよ。

 朝、電気が来た!おお、今日は良い日になりそうだ、と思いきや、十数分後にまた停電。もう戻ってこない。期待させるなよ~。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/13(水) 22:17:44|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。