ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タブーは目に見えない

 以前何かの時に、「それ取って」と頼まれ、別の人の背中越しに渡そうとしたら、その場にいた全員から一斉に「物を背中越しに渡しちゃ駄目だよ!」という注意を受けた。日本で、箸と箸で食べ物を受け渡したりするのがダメなのと同じくらいタブーなのだろうか。こういうタブーは、紙に書かれているわけじゃないから、自分で気をつけていないと、どこかでタブーを犯してしまいそうで怖い。
MFに訊くと、「それはしちゃダメよ。子供の時からしてはいけないと教わってきたの。でも、理由は知らない」という。
「日本では、敷居の上に乗ってはいけないし、夜中に足の爪を切ってはいけないんだよ。」と説明すると、
「あ、ここでも、夜足の爪を切ってはいけないのよ。チャンスが逃げるからって言うわね」だって。
面白い。理由は違っても、同じタブーがあるんだなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/07(木) 22:40:50|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。