ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1日200円

 オンベサは、パイナップルの産地として結構名が知れているのだけど、それは大きなパイナップル農園があるせいかもしれない。パイナップル農園がある、と話には聞いていたのだけど、一度も行ったことがなかったので、思いたって訪ねてみた。
 オンベサの中心からバイクタクシーで、15分くらいかな。パイナップル農園は広かった!畑の中を結構歩いていって、ようやく働いている人たちがいるところに到着。ディレクターに話を聞いた。
農園の土地は広いんだけど休耕地も多い。一度収穫すると、3年~5年位休耕するんだそうだ。やっぱりちゃんと休耕しないと、地力が回復しないよね。肥料とかはほとんど使っていないらしい。そして、今月はここ、来月はここ、と年中植えるので、収穫も一年中ある。毎週4000個収穫し、ヤウンデなどの町に出荷しているらしい。おお、すごい。お土産に、パイナップルを3つもらって帰ってきた。
090414 パイナップル畑

ところで、パイナップル畑で働いている人の給料を聞いたら、一日働いて1000F.CFAだって。1000F=200円だよ!1時間じゃなくて1日働いて!それはキツイ。ビール1本=500F。一日働いても、そこまで行く交通費と、ビール1本で終わっちゃうな…。厳しい!
スポンサーサイト
  1. 2009/04/14(火) 23:29:49|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。