ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大道芸の季節 恒例の5本締め

 静岡では、毎年11月に大道芸ワールドカップなるものを開催している。今年で16回目になる大会・その運営が、全て市民ボランティアの手によるものであることを、知っている人は意外に少ないんじゃないかな。でも、そうなんです。凄いでしょ?

私も、最初そんな事知らなくて、たまたまボランティアの募集をみて参加したんだけど、その運営方法に感銘を受けました。
それ以来、ずっと参加しています、今年で3回目。
今日は「当日ボランティアスタッフの全体説明会」」があった。
全体説明会では、全職種のボランティアが一同に会し、注意事項を聞いたり、大会当日に向けてモチベーションを上げたりするんだけど、説明会最後に、恒例なのが、三本締めならぬ、「五本締め」。
まずは、人差し指1本で「チャチャチャ・チャチャチャ・チャチャチャ・チャ」とおなじみのリズムでたたく。が、人差し指1本じゃ、音はでない。会場内人で一杯なのに、シンとしてる。次に人差し指と中指の2本で。次に、人差し指・中指・薬指の3本で…と1本ずつ指を増やしていく。それにしたがって、だんだん音が大きくなってくる。最後5本になった時には、みんな思いっきり大きな音で叩く。わかってるけど、いつもこの瞬間には、ジンとする。みんなの気持ちが段々ひとつになっていくような気持ちになるのだ。
ああ、またこの季節が来たな。

ところで、私は過去2年、パフォーマンスポイントで、通訳(兼スタッフ)をしてきたけど、今年は浮気して「サーカスキャンプ」という今年限りのイベントの運営スタッフとして働く予定。
それはそれで楽しみなんだけど、今日説明会に出て、ちょっと古巣の「ポイント」が懐かしくなった。ポイントのスタッフってホント大変。お客さんが多い中、事故が無いようにしなくちゃいけないし、演技もかなり詰まってるから休む暇なし。でも、その分、パフォーマンスに一番近いところで、一番熱気があるところに身を置ける。一日終わるとヘトヘトになるけど、大道芸ワールドカップの真ん中に居るっていう醍醐味があるよな~。今年も頑張ってね!ポイントスタッフ。

そして皆さん、11月1日~4日には、ゼヒ足を運んでみてください。人が多いから、お客さんもかなり根性決めてきてもらわないといけないけど、街全体、お祭りの雰囲気があるから、めい一杯楽しんで!

◆ワンポイントアドバイス:演技はだいたい2つか3つのグループの演技が連なってるから、お目当てのパフォーマーがいたら、その連なりの一番最初のパフォーマンスの20分~30分前にはポイントで陣取り、そのまま3つくらいのパフォーマンスを見てしまうこと。特に駿府公園では、今のやり方でかなり良い位置でパフォーマンスが見られると思います。地べたに座るから、お尻の下に敷くものをお忘れなく!
スポンサーサイト
  1. 2007/10/14(日) 23:14:51|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっておきたいこと | ホーム | 歯の治療 進む>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://playingamongstars.blog114.fc2.com/tb.php/27-837bf1b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。