ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出国に四苦八苦

バタバタと支度をして、昼過ぎにドミを出た。今回カメルーンから参加するのは4人。人数が多いので心強い。
 飛行機はドゥアラ発だ。ドゥアラは、カメルーンで一番大きな都市なのだが、治安がいま一つと言うことで、隊員は本来出入り禁止。移動のためにどうしてもそこを通らないといけない場合には、書類で事務所に申請をし、町中に寄らないということを条件に許可をもらうことになる。色々面倒なんである。
 初めてのドゥアラ。やっぱりヤウンデよりも大きい都市だなぁ~と思った。道が違うもの。立体交差なんて、ヤウンデには無いし。都会だわ。都会振りにイチイチ感動するところ、自分がすっかりカメルーンの田舎者になっている気がする。
 フライトはほとんど真夜中。早めにチェックインしたのに、「税金を払え」(公用旅券なので、本当は払わなくても良い)とか言われてひと悶着したり、「荷物の中身を見せろ」と言われたり、「通関を手伝ってあげる」とついてきたわけのわからない人に、何かをねだられたりと、波乱万丈。出国なのに、どうしてこんなに大変なの。おまけに、蒸し暑いし。結構ヘトヘト。こんなことで無事にケニアに着けるんだろうか、と不安になりつつも、何とか機上の人になりました。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/07(土) 22:19:25|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。