ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

闇パッキング

3月8日より、ケニアでアイシーネット(株)という開発コンサルタント会社が主催する「フィールドワーカー養成コース」という1週間の研修プログラムに参加できることになった。この話は、2月半ばにJICA事務所から「参加希望しますか?」と連絡があったのだ。結構急な話だったし、丁度19-1次隊と、所長のお別れ会に重なるので、参加をかなり迷ったんだけど、結局、参加を決定。研修内容は、協力隊の村落開発普及員の技術補完研修でやったものを、もっと詳しくしたもののようだ。あの研修は、とても面白かったのだが、何せ時間がなくて、駆け足で触れただけ というものも多いのが玉にキズだった。だから、8日からの研修でがっちりやってくれるなら、きっと為になるだろう、と思ったのと、やっぱり、ケニアに行けるっていう魅力がね~、抗えなかった!だって、ケニアは東アフリカ。任国外旅行でも訪れらない場所なんだよ!そして、サバンナ!野生動物の宝庫!これぞアフリカ!イヒ♪
 しかし、直前までずっと任地にいたので、全然何の情報もない。通貨は何なのか、とか、どんな気候なのか、とか。
 いつもの癖で、直前、出発前日の晩に荷造りしようとしたら、停電。。そう、その危険があった。ランプの薄暗い明りの中、汗をかきかき荷造り(ランプをつけていると、室温が上がるの)。忘れ物がないといいな。。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/05(木) 22:03:06|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。