ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

停電の日に

 昨日の夜からずっと停電出し、水も出ない。士気が下がることこの上ない。
私の士気の上下はまぁどうでもいいんだけど、3月4日の同窓会の、オンベサ側参加者に招待状を配らなくてはいけないのに、町のコピー屋さんが停電で閉まっている。これは困る。今日、別の集会が町であり、そこに、招待する人の殆どが集まっているので、今日の集会が終わるまでに招待状を準備しなければいけないのに!
仕方なく。カウンターパートMB氏の事務所を借りて、招待状14枚を全部手書きした。何とか間に合った!あ~、疲れた。。
招待客は、本当は一般の住民で良かったんだと思うけど、MB氏に人選を相談したら、「郡長や市長は呼ばなくちゃ。それから、副市長と・・・」と、オンベサの偉い人勢ぞろいになってしまった。ああ…。ま、いっか。テーマは「家庭内暴力」。この際、郡長や市長にも理解を深めていただこう。

 夜まで停電だったから、慰めはラジオだけだ。ランプの薄暗い部屋でラジオを聞いているとなかなか楽しい。DJが、電話してきたリスナーに「土曜日、イベントにぜひ遊びに来てね。Tu me garde qoui?(私の為に何を持っているの?=何か良いもの頂戴)」と言っていたので、笑ってしまった。この、「Tu me garde quoi?」は、いつも私がカメルーン人に言われまくっている言葉なんだけど、DJがリスナーにまで言ってるよ(笑)。言われたリスナーもびっくりして「えっ?えーと、25F(5円)の飴玉で良い?」とか答えてた。今度私もそう答えてみようかな。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/25(水) 22:07:00|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。