ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

運動会@カメルーン

運動会は(カメルーンでは当然そうなってしまうのだが)偉い人達の入場・長々しい紹介と挨拶から始まった。その間子供達は運動場に立って延々と待っている。日差しの中で倒れたりする子はいないんだろうか。
 でも、一度子供達が動き出すと、その姿は活き活きとしていて、見ていて嬉しくなる。カメルーン国歌の後は、「君が代」も歌ってくれた。行進も、素晴らしく揃ってキチンとできた。小学校教員隊員が、「なんでこんなにみんなちゃんとできるの~!?」って仰天していたから、きっと普通にはできないことなんだろうな。その後、リレーや棒倒しや、台風の目・地方の伝統の踊りなど、段取りよく、運動会は進行していく。道具がそんなにないから、ひとつひとつの道具が手作りだったりして工夫が凝らされているし、進行も本当に無駄がなくて、見ていて感動を覚えるほどだった!すごいよ~。子供を指導するカメルーン人の先生たちも、初めての試みに、一生懸命。でも、途中で子供たちの勝負の勝敗に、先生も熱くなったりしていて、その一生懸命ぶりがほほえましい。
 子どもたちも、先生も、夢中になって頑張って、こころなしか、みんな誇らしげな顔になって、運動会は終了した。「ほら、自分たちの力でこんなすごい事が出来たよ」って。目的達成だね。
主になって運動会を準備した隊員Sさんの任期はもうすぐ終わってしまうのだけど、これからも毎年この運動会は続けてほしいし、他の小学校にも、運動会が広まるといいなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/13(金) 22:34:34|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。