ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

変化は確実に

同期隊員Kが、ヤウンデの帰りにオンベサに寄ってくれた。ほぼ一カ月ぶりにおしゃべり。Kはヤウンデのスーパーで買ったお香を焚いてくれた。良い香りがすると幸せな気分になるね。
 最近、ヤウンデのスーパーは色々発展しているらしい。商品が充実したり、日本のドラッグストアみたいに、陳列棚の内側からのライトで商品を照らしたりして、展示にも気を遣っているらしい。そんなことはまだまだ都市の一部でしか行われていなくて、オンベサみたいな小さな町にはそんな変化の波は来ないのだけど。それでも確実に少しずつ変わってきているんだろうな。2年前にカメルーンに来て、この間帰って行った隊員から、「カメルーンも2年でずいぶん変わったよ。特に都市はね。2年前はこんなに便利じゃなかったし、良い店もなかった」って聞いた。しかも、その人が言うには、「カメルーン人のおじさんが話していたんだけど、昔はもっと保守的だったんだって。レストランとかで食事をすることもほとんどなかったし、女性がおしゃれをして町に働きに出るなんていうこともなかった。家族以外の人の前で食事をすることもなくて、何か知らないものを出されると、食べられるものかどうか信じられず、人が食べるのを見てから初めて口をつけたんだって」。
 すべての地域にガスや電気や水道が普及する前に、都市には、パソコンやらインターネットやらが入って来て、日本とは物の普及の仕方が全然違うな。でも、変化は確実に起こっているみたい。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/27(火) 22:20:33|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。