ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さよならも言わずに

 カウンターパートのMB氏に、Mを紹介しに行った。JICAからの今年の壁掛けカレンダーを渡すと、超嬉しそう。無邪気に喜ぶ姿は、おじさんだけどちょっと可愛い。
 12月に、お母さんが病気だといってンガンデレに帰って行ったガルディアンのIは、まだ帰っていないらしい。母屋のPに、「彼はどうしたの?」と訊いたところ、「もう彼は帰ってこないよ」と言う。ええっ?そうなの?
 彼がンガンデレに帰る前に、私はヤウンデに用事があり出発してしまったので、彼が出発したところを見なかったのだが、実は彼が出発する前に、もうお母さんは亡くなってしまっていたのだそうだ。そして理由はわからないが、彼はもう戻ってこないらしい。ショック。「さようなら」を言うこともできなかったよ。全然頼りなかったガルディアンだけど、顔を見るたびに何くれと声をかけてくれた気の良い奴だったのに。
 今までもそうだけど、カメルーン人、みんな結構何も言わずに去っていく。どこかに移動する時にも、前々からわかっているだろうに、直前にしか「行くよ」って言わない。なんでだろう。

↓オンベサの市場。新年なので、きれいな格好をした人が多い。
090107 オンベサの市場
スポンサーサイト
  1. 2009/01/07(水) 22:35:41|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。