ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頭の中 言語スイッチは一つだけ

 早朝、珍しく雨。
 昼過ぎに外出し、クリビでも評判の高いホテルのビーチで(客でもないのに)本を読んだり昼寝したりして過ごした。雨のせいで水が濁っていて、気温も低かったので海には入らず。
 周りは白人ばかりだ。隣にいたのはドイツ人一家で、カメルーンには休暇を過ごしに来たのだとか。「フランス語がダメなので、英語で話してくれ」と言われるけど、英語より先にフランス語の単語が頭に浮かんでしまうので、馬鹿みたいにたどたどしい英語になってしまう。あ~あ。何ヶ国語かを操る人の頭の中は、どうなっているんだろうかなあ。

スポンサーサイト
  1. 2009/01/02(金) 22:23:30|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。