ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大晦日

 朝早く、バス会社に向かう。それでもなかなかバスが出なくて、結局クリビに着いたのは昼過ぎ。
クリビは暑い!海からの湿気があるからね。年越しを賑やかに過ごしたいと思って、以前同期隊員達と泊まったホテルに行ってみるが、年越しのカウントダウンパーティーは、料理・飲み物込みで入場料75,000Fだって。うわぁ、クレイジーな値段だ。日本円にすると、25000円位(それでも高い)けど、こっちの感覚だと、そのまま7万5千円だもんね。ありえない。諦めて、アイスクリームを食べただけでホテルを後にする。ホテルは、白人で一杯だった。カメルーンじゃないみたい。
 Kは、髪の毛を編みに美容院へ。私は髪の毛を編むつもりはなかったので、隣で足の爪にマニキュアを塗ったり、隣のバーの兄ちゃんとおしゃべりしたりして待っていた。黒人の人みたいに髪の毛を編むと、日本人は頭の大きいのが目立つんだけど、Kは頭が大きくないので良く似合う。良いねえ。おしゃれをして、年越しの準備が整った。
 夜はレストランで魚介とビール。宿泊は、同期隊員のYの家にお世話になる。(彼自身は、年末、標高4000Mを超えるカメルーン山に登る為に留守。)
 1年の最終日。今年も無事に過ごせたことを感謝します。今年は、新しいことを色々経験できて良い一年だった。来年も元気に過ごせますように。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 22:45:48|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。