ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

力が湧く食べ物

 先日遊びに行ったンバルマヨの隊員Nちゃんが、今度は我が家に遊びに来てくれた。先日のおもてなしのお返しに、私も心をこめておもてなししよう、と料理に励む。
 先日母に送ってもらった食材で最近ちょっと日本食っぽいものを自分で作って食べるが、日本食を食べると、なぜだか元気が湧くのは不思議なことだ。さっぱりしたものが多いからカロリー的には逆に低いくらいなのに。食べ慣れているものは、やっぱり良いね。カメルーン人はカメルーン人で、自分たちの食べ物に非常に誇りを持っており、「カメルーン料理はおいしいだろう?」と言うし、カメルーン料理を私が食べると「私たちの食べ物を食べるんだね」と非常に喜ぶ。それぞれ自分の国の食べ物が体に合っているんだろうね。
 Nちゃんには、大豆の煮物(大豆はこちらにも乾燥したのが売っている)やら、切干大根の煮物やらを作った。帰国間近なNちゃん。2年間で、相当カメルーン料理を食べたけど、さすがに「もうカメルーン料理は結構」という心境になっているんだって。活動も色々頑張って、できる限りのことはしたし、今は日本に帰るのが嬉しいと、とてもスッキリした顔で、彼女は言ってた。羨ましいな。そうやって帰るのが理想だ。

↓大豆の煮物
豆の煮物

スポンサーサイト
  1. 2008/12/20(土) 22:13:20|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。