ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家庭の事情

ずっと姿を見なかった職人のMが久し振りに母屋にいた。
彼は、私の赴任時には母屋で結構活躍していて、母屋で働いている人の中でも中心人物だった。私の自転車を直してくれたりして、結構頼りにしていたのに、いつのまにか来なくなってしまっていたのだ。周りの人に、「彼、もう来ないの?彼の仕事、もうないの?」と訊いても、「仕事はまだあるのに。なんで来ないのかわからない」と言われていたのだった。
いつの間にかどこかに行ってしまったり、どこかに行く予定の直前にしか人に言わなかったりするのは、カメルーン人の特徴と言えば特徴かも。(ただ単に、私がフランス語ができないせいで、情報が入ってこないのかもしれないけど。)それにしても、仕事があるのに理由も言わずに来ないってことも許されるのか?ゆるさ加減がわからない。給料はどうなっているんだろう。
 「久し振りじゃん~(Ça fait long temps!)」と声をかけると、「うん。子供を連れてきたんだよ。」という。11か月になるジュニアを連れてきたとか。前にも、奥さんが子供を連れて出て行っちゃったんだ という話を聞いていたのだけれども、3週間前に、その奥さんが黙って子供を置いて行ったらしい。新しい彼氏が子供を気に入らなかったとか。酷い話だ。農村調査をしている時に、家族形態が様々だとわかったけど、こんな風に色々になっていくんだな~。Mのジュニアは超可愛いのだけど、しばらく抱いていたら、私自身が臭くなってしまった。どうやら、子供を1日3回水浴びさせる(マメ!)のだが、それ以外にはおむつを替えず、お尻は常にウンコまみれになっているらしい。(あらあら。)水浴びさせる現場を見たら、お尻の皮膚が、ウンチでふやけて白くなってるし、かぶれている様子。かわいそうかも。私自身も一日ウンコ臭くて閉口した。。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/09(火) 22:24:29|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。