ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1年半後には・・・

 1月頭に帰国してしまう隊員が、首都から1時間ほどのンバルマヨというという処にいるので、歯医者滞在のついでに遊びに行ってきた。
 もう帰国が間近ということで、彼女は手持ちの日本食を惜しげなく料理してくれた。ひじきの煮物やら豚肉の叉焼など、心づくしのご馳走を堪能。先輩隊員の生活ぶりを見て、どんな風に家を工夫して快適に暮らしているか、というのもすごく参考になった。でも、それ以上に参考になったのは、彼女のフランス語。仕事相手の幼稚園の先生が夕方彼女の家を、助言を求めて訪れたのだけど、彼女(幼児教育隊員)は、紙芝居について、流暢かつ簡単な言葉でわかりやすく説明していたのだ。すご~い。1年半したら私もこんな風にしゃべれるようになるんだろうか。いやいや、とてもそんな風には思えない。でも、よい刺激になりました。
ご馳走!
スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土) 08:50:14|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。