ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洗礼

 クリビでセミナーを開催する教師隊員以外の隊員、私を含む4人は、乗合バスでヤウンデに帰る筈だった。だったけど。。。いやぁ、なかなか。思うようにいかないのがカメルーンライフ。洗礼を受けました。
 午前中じゃないと、バスがないかもしれない、ということで、前日の疲れを押して11時前にはバス停に着いた。できれば、ミニバスにギュウギュウに押し込まれるのではなく、大き目のバスに一人一席で座りたい というささやかな(?)願いの元に、ちょっと大きめのバスが止まっているバス会社を選択し、チケットを買って待った。待った。待った。が、一向にバスが発車しない。どうやらヤウンデ行きの乗客が少ないらしい。(バスは時刻表があるのではなく乗客がいっぱいにならないと出発しない)。結局2時間半ほど待った上に、大きなバスではなく、ミニバスに乗せられて出発。それでも、まぁこれで夕方までにヤウンデに着けるなら、まぁ、いいかと思って乗っていると… エデアという大きな町の手前45キロ地点で、突然ゴトゴトという音が…。明らかにエンジンかどこかがおかしい。それでもバスはしばらく走り続け…最後に本当に大きなガガガという決定的な音がしてからようやく止まった。故障だ。。。こんな、周りに何もない道路上で止まるとは。
 「故障だから、みんなバスから降りろ」と運転手に言われて、みんな仕方なくぞろぞろとバスから降りる。こんな時に誰も怒り出す人がいないのは不思議だ。バスから降りると、バスの下には、大きな部品がゴソッと落ちていた。うーん、あり得ない。「代わりのバスが来るから、それまで待て」というのだが、すぐにバスが用意できたとしても、バスが町からここに来るまでは少なくとも1時間はかかる。でも、これまでの経緯やカメルーンのバス会社事情を考えても、すぐに変わりのバスが用意できるとは考えられない。いったい何時間待つことになることやら。
故障バス

 これはもう、ヤウンデに日暮れまでに帰るのは、無理。と判断し、調整員に連絡をとり、エデア泊の許可を取った。(夜間は交通事故が増えるため、隊員は都市間の移動禁止。また、所在地を必ず事務所に報告するというルールになっている。もう、いろんなルールが事細かに決まっているのだ!)エデアには隊員が一人いるので、そこに泊めてもらえることになった。結局1時間半位待って、次に来たバス(乗客はすでにいっぱいに乗っている)に、無理に全員を押し込み、エデアへ。途中、私たちのバスより少し早く出た、同じバス会社のドゥアラ行きのバスも、故障で止まっていた!「乗せて!」と手を振られたけど、「もう無理~」と通り過ぎる。いったい、どんだけ故障が多いのか。しかも!私は運転手脇に乗っていたのだが、エデア到着するかしないかというところで、バスのギアが一時きかなくなったのだ!「encore!(またか!)」と運転手含め、周囲の人が笑った。ああ、笑い事ではない。しかし、笑うしかない。。ギアは、運転手がどうやらこうやらして何とか入ったけど、次回あたりには故障してそう。
 エデアに着いて、もしヤウンデ行のバスがあれば、できれば今日中に帰りたかったのだが、やはり無かった。バス会社の人も、全然悪がる様子もなく「もうない。」と言うのみ。謝ったりするようなことは一切ない。でも、いつしか私もそれに慣れていて「ま、仕方ないな」と思うのだった。そう思わないと、生きていくのが大変だからね、ここでは。
結局、エデアの隊員やそのカメルーン人の友達とおしゃべりできたし、結果オーライでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 22:47:20|
  2. カメルーン生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。