ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近況

 更新が滞っていたのは、サボっていたからじゃないんです。パソコン、ネットにつながらなくなっちゃって。モデムの故障だった。私の仕事の都合で、すぐにはモデム交換してもらえなかったので、ずっとネットなし生活。結構辛かった。気が付かない内に、ネットに頼るようになっちゃってたんだな~。

 ここ2週間程の近況といえば。
・仕事忙しくなる!
  ようやく引継ぎも始まり。また、新人が研修に来て指導しなくてはならなかったり。なぜかまだまだ打ち合わせにも出なくちゃいけなくて。一人で進まない仕事に焦って、笑いながらも内心必死な感じ。

・フランス語の勉強滞る!
  そんな仕事の状態なので、フランス語の方は中だるみ。ただね、最初知識だけで頭に入れてたものが、だんだん体に馴染んできている感じはする。そろそろ、本腰入れないと~!

・朝霧高原で秋の富士山を満喫
  協力隊の2次選考会場で知り合い、すっかり仲良くなったMちゃんと朝霧へ。天気が良くて雲ひとつない空に、紅葉。富士山もとっても綺麗で写真パシャパシャ撮っちゃった。只今現像中。(今どきフィルムのカメラさ。)

・懇親会
  初めて協力隊候補生の懇親会に参加。他の候補生と沢山知り合いになりました。色んな人がいて、みなそれぞれの人生の中で、協力隊という道を選んだんだな、と思う。懇親会は、ただ単純に楽しかった。そして、OBの方のお話を聞けたのがよかった。色々な不安が、すこし軽減された感じ。蚊帳はやっぱり持参なんだって。

近況は、そんなものかな。

今はとにかく時間が足りない感じ。仕事もそうだけど、特に私生活の。やりたいことや、会いたい人は一杯だけど、時間なし。本当はもう少し落ち着いて、本を読んだり勉強をしたりしたい。何より、もっと考えなくはいけない、と思う。活動の事。帰ってきてからの事とかね。
うかうかしてると、今年も終わるよ!


   
スポンサーサイト
  1. 2007/11/25(日) 22:58:08|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手のひら

ここのとこお気に入りの曲は「羊毛とおはな」の「手のひら」。
ラジオで聴いて一度で気に入ってしまった。
ギターのアコースティックな音と、ささやくような声で、とってもあたたかい、優しい曲。

今日、残業が終わって会社の裏口を出たとたんに、冷たい風に、ビュっと吹かれた。「冬が来た」と思った。
こんな寒い晩に、聴きたくなる曲です。。
  1. 2007/11/12(月) 22:00:51|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覚悟

 少しだけ、重い気持ちでこれを書いている。

 10月に、静岡出身の青年海外協力隊員が、アフリカで亡くなったそうだ。私は、昨日それを人づてに聞いた。遠い地で倒れてしまった時には、どれだけ不安な気持ちだっただろうか。また、残されたご家族の気持ちを思うと、辛い。心からご冥福をお祈りする。

 応募する前から、当然そういうことが発生するリスクがゼロではないだろう、と考えていた。ただ、実際に身近に起こると、正直、気持ちが動揺する。どれだけの覚悟で、私は協力隊に参加しようとしているだろうか。勿論、最初から死ぬつもりでということは無いけれども、相当の覚悟が必要なことは確かだ。この事で、自分が参加を取りやめるということは絶対にない。けれども、もう一度自分の気持ちをキチンと整理してみようと思う。
 
 日本にいるからといって、安全で、健康でいられるという保障はない。幼馴染の一人は2年程前に突然亡くなってしまったし、中学時代に仲が良かった子も、数年前に可愛い女の子を残して病気で亡くなってしまった。高校時代の同級生の男の子も、交通事故で。
 最後を気にして何もしない人生は選びたくない。

ただ、リスクを減らす努力は絶対に必要だろう。自己管理。一言で言えばそういうことだろうと思う。
例えば、今、仕事が忙しくて毎晩遅い。休日も予定がギュウギュウ。それをうまく調整して、どこかで割り切って自分で休憩を取ることも必要だ。やりたいことや、やんなくちゃいけないことが山盛りだと、もどかしい事だけど。

それにしても、現地での活動の事やら、健康の事やら、帰国後の事やら。不安はイッパイ。それでちょっと今重い気持ち。

不安とか、心配とか、あるのは当然。
自分の事を、信じるしかないか。
  1. 2007/11/11(日) 23:07:10|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大道芸ワールドカップ

 大道芸ワールドカップ、終わった。というか、終わってしまった…。
祭りが終わった、というちょっと寂しい気持ちに包まれている。

 当日ボランティアスタッフとして働いたのだけど、ボランティアで働いている人、みんな若くてもしっかりしてた。いかに気を利かせて役に立つか、というのを競い合っているかのように、動く動く。自分が気が付かなかった点を他の人に先に見つけられて動かれると、悔しい気持ちがするくらい。みんなの、全体がうまく回るように役に立たなくちゃ という気持ちが、空回りしたり、衝突したりしないように、気をつけなければいけないくらい。
 で、だいたいみんな、大道芸マニア。仕事の後は芸人さんの話で盛り上がったり。終わった~っていう開放感に満ちたスタッフのファイナルパーティでは、芸人さんにサインをもらったり、写真を一緒にとってもらったり。(それまでは、ぐっと我慢してる。)
一日外で走り回ったりしてしんどいし、人に気を遣ったりして疲れることもあるけど、やっぱり楽しい!

 私が担当したサーカスキャンプの子供達にとっても、いい思い出になったと思う。みんなステージの上で頑張って演技してた。(その姿、超可愛かった♪)。「え~、名前書くのめんどくさい~」だの、「トイレが臭い~」(簡易トイレだからね)だの文句ばっかり言ってた一部の生意気なガキ(失礼)ですら、結局は楽しんでやってくれたんじゃないかな。そう願っている。
子供達がやってるのが羨ましくて、私も思わずジャグリング用のボールを購入してしまった。ちょっと練習してみよう。

次回大道芸に参加できるのは3年後か。。年々大きな大会になっていく大道芸。3年後にはどんな大会になっているかな。知っている顔のボランティア仲間に、また会えるといいな。

  1. 2007/11/04(日) 22:40:36|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボディブロー

今日は色々なボディブローを受け、ちょっと満身創痍な気分。。

月例全体会議で、自分の部署の業務内容について、言及された。過剰在庫をいつまで経っても減らせないなら人員配置変換もありだと。

しかも。欠品についても話題が出て、その件で、営業マンと社長が言い合いになる場面が。

私にも色々言い訳があるんですが、そんな言い訳も虚しいよな。
と、非常に落ち込む。

その上!
青年海外協力隊について、全く知識がなかった社長が、どこかで青年海外協力隊について良くない話を聞いたらしく、呼び出されて「本当に大丈夫なのか。真実を知ってから参加したほうがよい!」と言われてしまった。ああ。確かに、賛否両論あります。それは知っています。ご心配は大変有難いんですが…。
協力隊に参加する というと、あまりよく知らない人は、
「すごいね~。」
と過剰に感心してくれる。いいえ、そんなに凄いことではないんです。
しかし、一部非常に詳しい人がいて、この制度に凄く批判的だったりする。それには一理あるかもしれない。
・素人を送り込んで本当に成果があがるのか。
・税金の無駄遣いではないのか。
・国が「援助した」という実績が欲しいだけではないのか。
・若者をそそのかして海外に行かせるが、帰国後その若者は職にも就けず、社会のあぶれ者になってしまうケースも多いのではないか。
私も、全部がきれいごとだけではない、と思う。が、少なくとも自分にとってはなんらかの意義があるのではないかと思う。そして、自分だけに意義があるのではなく、できれば現地の方にもなんらかの良い結果を出せればよいと思う。
 社長が、「会社に籍だけは残しておけばよい」と言ってくださった。それには、ちょっと心が動かされた。帰国後の事は、本当に心配だから。これからじっくり考えるけど、でも多分自分は退職するだろうと思う。私のようなお局さんが、また帰ってきたら大変だ。「父帰る」じゃなくて、「お局帰る」(笑)
 人情に厚い社長の気持ちは、痛いほど伝わって、感謝するしかないけれども。

 今週は毎晩遅くまでよく働いた。最後に色んなダメージを受けたりしながらも、何とか1週間終了。明日は大道芸!仕事の事は忘れよう。
  1. 2007/11/02(金) 23:55:55|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。