ハピ・ラキ

迷いつつも歩き続ける日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

観光地メロン

10時にトラックが来るという話だったのだけど、例のごとく、待てど暮らせど来ない。本当に来るのだろうかと不安になりかけた頃(12時過ぎ)ようやくトラックが来た。来たら来たで、今度はトラックに一度に全ての荷物(ソファーやテーブルなど全て!)を山のように無理やり積み切り、新居へ。(車やバイクに荷物を載せる技術にかけて、カメルーン人は日本人に追随を許さないほど凄いのだ。それについては、いつも感心する。)
 新居で荷物をおろし、とりあえず出来る事(ベッドの組み立てやカーテンの設置など)が終われば、もう引っ越しは一応終了。新居は町の中心にも近いし、広さも十分。これならKも、残りの任期を明るく過ごせそうだ。
 夜は、まだ新居に泊まるには色々と整っていないので、近隣の観光地「メロン」(←地名)のホテルに泊まることにした。
 メロンは高原の小ぢんまりとした観光地で、山の風景が素晴らしい。
091018 メロン2

そして、私達が宿泊したホテルというのが、また可愛らしかった。コテージ風の離れが客室で、客室の中は、天井が枯れ葉で飾られていたりするのだけど、それは「本当に自然のまま」ではなく、いかにも「アフリカの自然をインテリアに取り入れました」というような雰囲気(つまりキチンと人の手が入った感じ)なのだ。
 ただ、こんなに良いホテルなのに、日常的に多くの客が来る訳ではないのだろう、(カメルーン人は、そんなに観光旅行をしないし、一般庶民には値段が高い。)客室がちょっとカビ臭いのが玉にきず。これで、カビ臭くなければなぁ。。ちょっとトホホな所が、カメルーンらしいと言えばカメルーンらしいのだけれども。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/17(土) 22:44:20|

任国外旅行8 オールヴォワール フランス

 朝、ホテルから両親と空港へ。旅も終りだ。さびし~。
 最後にエアーフランスの美味しい機内食を楽しもう。エアーフランスは、流石。機内食なのに普通においしいものが出る。ワインもウマい。
  1. 2009/05/31(日) 22:35:48|

任国外旅行7 パリぶらぶら旅

フランスに着いた当初は、カメルーンに無いものを買って帰らなくちゃ、という焦りがあったけど、旅が進むにつれ、まぁ、そんなことで焦っても仕方がないな、と思うようになってきた。ないものがあっても、どうせ暮らしていけるのだし、せっかくだから旅を楽しもう。
ということで、当初は買い物の予定にあてていたこの日は、母とぶらぶらと蚤の市を見て回ったり、モンマルトルを歩いたり。パリの最後の一日を楽しんだ。
090530 モンマルトルからの景色
モンマルトルの丘からの景色↑

  1. 2009/05/30(土) 22:32:08|

任国外旅行6 再びパリへ

飛行機でパリに戻る。
パリでほぼ1年ぶりに美容院で髪を切った。は~、さっぱり。
夜は日本食。おしゃれなお蕎麦屋さんでワインと蕎麦を楽しんだ。
  1. 2009/05/29(金) 22:26:49|

任国外旅行5 ピレネー&マクロビの宿

宿の人が、ピレネー山脈方面に車で連れて行ってくれた。
風景が素晴らしい!
090528 ピレネー

料理教室にも参加。宿泊客は、イタリア人やスペイン人も多く、その人たちが、たまり醤油とか味噌とか食べてるのをみると、やっぱり日本食文化も凄いな、と思う。しかも、客の多くは2週間とか1ヶ月とか長期逗留の人が多い。
宿の食事は、ご主人の感性の料理で、たまに美味しくないものがある(笑)のがご愛敬。私的には、ほぼ1年ぶりの玄米が嬉しかった。
090528 マクロビ宿

  1. 2009/05/28(木) 22:24:00|
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。